« 名古屋の帰りに | トップページ | 創業・起業の地に »

競売開始決定後の任意売却

とあるお客様から競売の相談がありました。

住宅ローンの滞納が原因による金融機関の競売申請です。

既に謄本には競売開始の登記が記載。

誰に相談したら良いかわからないとうことで、まずは弁護士さんに相談とも考えたそうですが、費用がどのくらい係るのかわからなかったそうで、知人を通じて弊社へと来られました。

まずは、お客様の有利なことを考えた場合、引っ越さなくて良い方法はないか?

次に、売却となった場合に、少しでもお手元にお金を残す方法はないか?です。

金融機関からの督促継続して裁判所の人が来たりする訳ですが、多くの金融機関には系列の不動産業者・債権回収会社があり、通常そこの関係会社さんから任意売却の提案があったりする訳ですが、本当にお客様のことを思って1円でも高く売却しなければならないのが責務と考える営業マンに当たれば幸運です。

当たらなかった場合は、貸し付け金の回収が目的となる訳ですので、お客様にとってのベストな売却ではなくなってしまいます。

最悪の場合、引越等も考えなければなる訳ですが、引っ越す費用、賃貸の家を借りる費用も係る訳ですから、その辺の交渉・アドバイス等も弊社には多少なりとも自信があります。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

フリーダイアル:0120-710-177です。

|

« 名古屋の帰りに | トップページ | 創業・起業の地に »