« パチンコ店を不動産売却ではなく賃貸業への転換 | トップページ | まさに大混雑 »

今売れているもの

代表の三戸です。

低額商品と政府の補助があるものが売れています。飲食店も客単価の安いお店にお客さんが集まっているそうです

不動産業界ではどうかと考えたら、売れなくて値下げした建売、新築マンション、そしてそこそこ利回りの回る築浅・駅近の収益物件。

駅から10分超えて、築年数が10年以上経過したものは、データーが全く消えず、ずっと売れ残っている感じがします。利回りが10%以上回っていてもです。

顧客のビルオーナーさんから、買い増しの要望を受けますが、どうも駅10分超えた利回り物件は、賃借人さんが退去した後の募集リスクが多い感じがしてお奨め出来ません。

不動産屋なので、扱うものは不動産。どの部分の不動産で収益を上げるかを考えると、時代が激変している状況なので、とっても迷う状況です。但し、この状況下でも賃貸メインの不動産業者さんは、あまり影響受けてないように思います。弊社も多少ながらPMの管理物件がありますので、多少安定収入にもなってますので!。

政権交代となりましたが、貸し剥がし・貸し渋りが改善されたとしても、所詮は借り入れに係わることです。借り入れせずに、会社を経営するには安定した売り上げを上げるしかありませんが、商品は不動産なので、やはりPMの管理物件を増やすのが得策かなと。

だいぶ管理物件は増えてきましたが、目標は今の3倍。大家さん大募集です。

ちなみに弊社の管理手数料は、自信をもって言えますが安いです。他の不動産屋さんに依頼してた物件が今弊社の管理物件に相当なってますので、一度ご相談くださーい。管理委託を下げるのは収益改善になりますので、その部分の見直しはとっても重要だと思います。それではまたー

|

« パチンコ店を不動産売却ではなく賃貸業への転換 | トップページ | まさに大混雑 »