« パチンコ店の競売物件 | トップページ | パチンコ店の競売物件その2 »

ニュアンスの違い

本日午前中は、大家さん側の業者さんを訪問
場所も事務所もお洒落な感じでした。
現在検討しているのは弊社の他にもう一社あるとのことで、双方のニュアンスの違いによって契約に至ってないようなお話でした。
大家さんの立場から見たテナントさんですが、『貸してあげてる』『借りてもらっている』。
テナントさんの立場から見た大家さんですが、『貸して頂いている』『借りてやってる』のどちらかの思惑があるのは間違いない事実かなと思います。
ただこの双方の思惑を微妙に逸脱すると、特にお金のある大家さん・テナントさんは、契約に至らないのかなと思います。たぶんメンツの部分が重要。
もちろん弊社のお客様は『貸してくださーい』でお願いしてきましたが・・
午後からは、某メーカー系列さんを訪問
会社規模も違いますから何かお仕事になればよいんですが・・。
お話の中でスロットの稼動が上がってきているとのお話がありましたー。
あとで懇意にしている機械業者さんに確認したところ、稼動は上がっているとのこと。
商売繁盛かと思いきや、中古の機械が売れるんだそうですー。
面談後は、一度帰社
その後は事務所でしたがフリーダイアルにパチンコ店さんから賃貸相談。
貸す場合の手数料を質問されましたー。
仲介手数料は家賃の1ヶ月分と消費税ですー。
尚、成功報酬なので契約に至らなかったときは、宅建業法上お客様から受領出来ませんので・・・。

|

« パチンコ店の競売物件 | トップページ | パチンコ店の競売物件その2 »