« 煙草臭が-・・・ | トップページ | 借地権の地代・更新料 »

借地の更新料について

現在、お客様から依頼を受けている借地権の底地の取得。

先日、地主さんに売って頂けないかと交渉にお邪魔したときに開口一番、「未更新の更新契約が先」とのことでしたー。

以前より、借地の更新料及び地代が適正かと依頼人さんから宿題を出されてましたので、ネットで調べてみましたー。

特に宅建業法でも借地権の更新料の算出基準の規定がある訳でもなく、固定資産評価に基づいたり、路線価に基づいたりと、特に規定(路線価の場合は借地権割合がありますが・・・)がないので、路線価はネットで検索出来ますが、それでは固定資産税評価はというと本人若しくは本人の委任状をもった代理人しか取れないです。

で、都税事務所に電話して確認をしたら、借地の契約書と地代を払っている証明があれば借家人さんでも評価証明が取れるとの回答。

初めて知りましたね。まだまだ勉強が足りないです

という訳で、朝一番、依頼人さんを車に乗せて都税事務所に行って来ましたー

60年以上前の賃貸借契約書ですから、かなりの年代物です。

最初の契約から住居表示の変更があったので、今の住所と多少違ってますが面積は同じ。

地代を振り込んでいる通帳を窓口の人が確認して、土地の評価証明、本当に取得出来ましたー。

評価証明は取得出来ましたが、いろいろネットに出ている計算方法のどれが最適な方法なのか、また調べなくてはならないですー。

|

« 煙草臭が-・・・ | トップページ | 借地権の地代・更新料 »