« 境界立ち会いの目的 | トップページ | 解体の見積もりに来ましたー »

ローン条項

本年もおかげさまで、何件かのパチンコ店の売買物件を成約させて頂いておりますが、所有者さんからの要望で、「ローンの白紙条項は認めない」といった売買契約書を作成というのが続いております。

未だパチンコ店さんへの融資は非常に厳しいという状況が、世間一般に浸透してきたというのが理由だと思いますが、それでも契約したいという法人さんは現金を保有若しくは金融機関さんから事前に承諾を受けている方達しかいないのかなと。

リーマンさん破綻以前は、マンションデベロッパーさんも基本的には融資条項を付けた売買契約というのはあり得ませんでしたが、リーマンさんの破綻以降は、一部のデベロッパーさん達も融資条項を付けてほしいなんていう要望が増えてきたというのを結構取引業者さんから耳にすることが増えていたように思います。

パチンコ店の売買の場合、購入希望が数社といった場合も間々ありますので、機会損失を考えたら、融資条項を付けた法人さんと融資条件を付けない法人さんとを比較した場合に、間違いなく融資条件を付けない法人さんが相手先として優先的に選択されるのかなと。

今後もこの傾向は続く感じです。

|

« 境界立ち会いの目的 | トップページ | 解体の見積もりに来ましたー »